ボクシングライトフライ級決勝 作新の堀川(左)が左ジャブを放つ=岐阜市のOKBぎふ清流アリーナ

後半30分、矢板中央のDF後藤(左)がシュートを放つ=三重交通Gスポーツの杜鈴鹿

ボクシングライトフライ級決勝 作新の堀川(左)が左ジャブを放つ=岐阜市のOKBぎふ清流アリーナ 後半30分、矢板中央のDF後藤(左)がシュートを放つ=三重交通Gスポーツの杜鈴鹿

 全国高校総体(インターハイ)第7日は7日、岐阜市のOKBぎふ清流アリーナほかでボクシング、サッカー、レスリング、バドミントンなどを行った。

Web写真館に別カットの写真

 ボクシングは各階級の決勝を行い、ライトフライ級の堀川龍(ほりかわりゅう)(作新)が判定勝ちし、初の頂点。バンタム級の根本元太(ねもとげんた)、ライトウエルター級の森本浩(もりもとゆたか)も準優勝し、作新は学校対抗の部で20年ぶり8度目の優勝を飾った。

 サッカー男子の矢板中央は強豪・東福岡(福岡)と1回戦で対戦し、1-2で惜しくも敗れた。レスリングは男子80キロ級の市川(いちかわ)アンディ(足大付)が準決勝に進出。和歌山県代表に敗れて決勝進出はならなかったが堂々の3位。バドミントン女子ダブルスで8強入りした海老原香澄(えびはらかすみ)・佐川智香(さがわともか)組(作新)は準々決勝で姿を消した。