首相官邸で取材に応じる菅首相。自民党総裁選の不出馬を表明した=3日午後1時8分

 菅義偉首相は3日、辞任する意向を固めた。自民党臨時役員会で総裁選(9月17日告示、29日投開票)に立候補しない意向を表明した。新型コロナウイルスに関する政府の対応が不十分との批判が続き、次期衆院選を前に求心力低下の責任を取る格好だ。菅政権は就任から約1年での幕引きとなる。

 首相は2日午後、党本部で二階俊博幹事長と会談し、出馬の意向を伝えたとされていた。総裁選には岸田文雄前政調会長や高市早苗前総務相が出馬の意向を表明している。自民党は後任の新総裁選出を急ぐ。

 首相は、官房長官として約7年半支えた安倍晋三前首相が持病悪化で辞任表明した後の自民党総裁選で勝利し、昨年9月16日、第99代首相に就任した。安倍政権の経済、外交政策を継承。新型コロナ対策を最優先課題とし、行政の縦割り、既得権益、あしき前例主義を打ち破る「国民のために働く内閣」を掲げた。

 今年2月、首相の長男が勤務する会社の総務省幹部接待問題を週刊文春が報道。3月には高額接待疑惑の山田真貴子内閣広報官が辞職した。

 新型コロナ感染が拡大するたびに、緊急事態宣言やまん延防止等重点措置を発令して対処したものの、「後手」との批判を浴びて内閣支持率下落を招いた。東京五輪・パラリンピック大会中も感染が広がり、医療提供体制が逼迫(ひっぱく)した。

 木村好文(きむらよしふみ)自民党県連幹事長の話 「突然の事で非常に驚いている。1年間、新型コロナウイルス対策に尽力されたと思う。飾らず正直な人柄は素晴らしいと思ったが、残念ながら首相ではなく官房長官向きだったのかもしれない。後任を決める総裁選には、外交経験も豊かな茂木敏充(もてぎとしみつ)県連会長に立候補してほしい」

 佐藤勉(さとうつとむ)自民党総務会長の話 「混乱を来したくないという思いで、総裁選不出馬を決断されたのではないか」

■解説■ 指導力欠如 失態重ねる

 菅義偉首相が辞意を表明した。昨年9月、史上最長の安倍晋三政権の後を継いで就任し、新型コロナウイルス対策に最優先で取り組むとしながら感染の急拡大を防げず、指導力の欠如を露呈した。内閣支持率が続落し、自民党の二階俊博幹事長を交代させる人事で事態打開を図ろうとしたが、失った求心力を回復できないまま辞任に追い込まれた。

 長引くコロナ禍にあって首相に期待されたのは、自らの言葉で語る発信力を持ち、政治と国民の間の信頼関係を構築しながら共に難局を乗り越える指導者の姿だった。だが、こうした理想には遠く及ばず、状況を楽観視しては対応が遅れ、後手批判にさらされる失態を重ねた。

 共同通信が8月中旬に実施した世論調査では、首相を支持しない理由として「指導力がない」との回答が43・9%に上った。7月の前回調査から10ポイント急増した。支持理由も「ほかに適当な人がいない」が55・7%で突出しており、政治全体が信頼を失っている現実を突き付けた。次期首相の役割は極めて重い。

 

 感染力の強い「デルタ株」が全国的に広がる中、医療提供体制を維持できるかどうかが喫緊の課題だ。政治空白が感染や医療現場の状況をさらに悪化させる事態は避けなければならない。菅首相は後任に政権を託すまでの間、国民の命と健康を守るために力を尽くす責務を負っている。


【号外】菅首相が辞意(9月3日)