14日の日本ハム戦後、ギャレットとともにヒーロインタビューを受ける今井(左)

 最大の武器である150キロ超の剛球を頼りに、攻めの姿勢を貫いた。

 14日の日本ハム戦で今井達也(いまいたつや)が6回1失点で今季初勝利。「体をしっかり使い、それに腕がついてきた」。3度目の先発で確かな手応えと結果をつかみ取り、男の表情は明るかった。

 西川遥輝(にしかわはるき)、近藤健介(こんどうけんすけ)-。好打者が居並ぶ相手打線に真っ向勝負を挑んだ。「ファウルで逃げることができる打者がいる中、力負けせず投げられた」。荒れ球でストライクゾーンを突く強気のスタイルを崩さず、走者こそ背負ったが失点は最小限に抑えた。

 救援陣の活躍もあり2-1でゲームセット。「次はもっと長い回を投げられるように練習する」。先発ローテの一角として期待のかかる背番号11は、ロッカーに引き上げた時点で既に次回登板を見据えていた。

 5年目のシーズンは作新学院高時代のチームメート入江大生(いりえたいせい)(DeNA)がプロ入り。酸いも甘いも味わったプロの先輩として、4年間の差を結果で示す覚悟が求められる。

 昨季はエース候補とされながら、制球難に苦しみ3勝4敗と低迷した。そこからもがき、苦しむ中でつかんだ今季1勝目。この日の投球が、今井を大きく飛躍させるきっかけとなるかもしれない。