【エカテリンブルク共同=山室義高】サッカーのワールドカップ(W杯)ロシア大会第11日は24日、エカテリンブルクなどで1次リーグ第2戦が行われ、H組でセネガルと2-2で引き分けて1勝1分けの勝ち点4となった日本は、あと勝ち点1を取れば、他の試合結果にかかわらず、16チームによる決勝トーナメント進出が決まることになった。

 コロンビアがポーランドに3-0で快勝し、今大会初勝利で1次リーグ突破に望みをつないだ。2敗のポーランドは敗退が決まった。

 日本は、28日午後5時(日本時間午後11時)からボルゴグラードで行われる最終戦で、ポーランドに勝つか引き分ければ、2大会ぶり3度目のベスト16入りが決定。敗れても同時刻に始まるセネガル-コロンビアの結果次第で勝ち上がる可能性がある。国際サッカー連盟(FIFA)ランキングは日本が61位で、セネガルは27位、コロンビアは16位、ポーランドは8位。

 6大会連続出場の日本は2002年日韓大会、10年南アフリカ大会で決勝トーナメントに進んだ。

 日本はセネガルに対し常に先行を許す厳しい展開となったが、乾貴士(いぬい・たかし)(ベティス)と途中出場の本田圭佑(ほんだ・けいすけ)(パチューカ)の得点で2度追い付き、貴重な勝ち点1を確保した。


【電子号外】【電子号外】日本、16強へ前進(6月25日)