16日のオリックス戦で粘りの投球を見せた今井=メットライフドーム

 今季4勝目こそならなかったが、苦しみながらの投球でチームの勝利を引き寄せた。

 16日のオリックス戦で先発登板した今井達也(いまいたつや)は初回、先頭打者にストレートの四球を与えた。次打者もカウント3-1としたところで捕手の森友哉(もりともや)が二盗を阻止し、何とか無失点で切り抜けた。

 「リズムがよくなかった」と反省した通り、5回1/3で与えた四球は6。それでも自責点0と粘りを見せ、101球でマウンドを降りた。

 2番手の宮川哲(みやがわてつ)は、適時打を許したが後続を抑え、その裏に栗山巧(くりやまたくみ)が逆転の2点二塁打。チームはそのまま1点差で逃げ切った。今井が四球で走者をためながらも、生還を許さなかったからこそ生まれた結末だった。

 ただ、今井自身は課題を感じていた。直球で押していく投球スタイルが強みだが、随所で変化球に頼る場面があったからだ。「チェンジアップに頼ってしまった。追い込んでから、もっと真っすぐで押していけるようにならないといけない」

 うなりを上げる直球で空振りを取る本来の調子が戻ってくれば、苦しいシーズンの中で大きなステップアップを果たせるはずだ。