【電子号外】米朝首脳が会談 史上初、非核化焦点

 トランプ米大統領と北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長は12日、シンガポール南部セントーサ島のカペラホテルで会談した。両首脳は冒頭で握手した。米朝首脳会談は史上初めて。核・ミサイル開発を推進し、国際社会の非難を浴びた北朝鮮の「完全な非核化」に関する合意が得られるかが最大の焦点だ。休戦状態にある朝鮮戦争の終結や、日本人拉致問題も議題となる。アジアの安全保障環境は新たな局面を迎えた。

 両首脳は通訳を交え一対一での会談に入り、トランプ氏は金正恩氏と会えて「光栄だ。素晴らしい関係を築く」と述べた。金正恩氏は、過去を克服してここまで来たと述べた。トランプ氏は12日早朝、ツイッターで米朝首脳会談について「過去の合意と違い、真の合意を得られるかどうか、すぐに分かる」と抱負を述べていた。

 一対一の会談の後、高官らを加えた拡大協議を続け、昼食を共にしながら話し合う。トランプ氏は午後4時(日本時間同5時)に記者会見し、会談結果を説明するとみられる。

 ポンペオ国務長官は11日「完全かつ検証可能で不可逆的な非核化」を求める米国の立場は不変とし、会談で「後に続く困難な作業に向けた枠組み」をつくると語った。北朝鮮が完全な非核化に応じれば、体制保証に応じる考えを重ねて示した。

 トランプ氏は11日の安倍晋三首相との電話会談で、拉致問題を提起することを「100パーセント保証する」と表明しており、金正恩氏の反応にも注目が集まっている。


【電子号外】米朝首脳会談(6月12日)