5回3失点で2勝目を手にした今井=メットライフドーム

 仲間に助けられて舞い込んだ、二つ目の白星だった。

 今季初めて観客が入った本拠地での21日のロッテ戦。ファンの拍手に迎えられ、先発登板した今井達也(いまいたつや)は初回、味方の守備が乱れていきなり失点。二回も藤岡裕大(ふじおかゆうだい)に適時二塁打を浴び、西武ベンチに重い空気が漂った。

 悔やまれたのは1点を追う四回。一死から角中勝也(かくなかかつや)の打球を木村文紀(きむらふみかず)がダイビングキャッチ。ここで勢いに乗りたかったが、直後の中村奨吾(なかむらしょうご)に四球を出し、藤岡に適時打を浴びて3失点目。四球を出した後に打たれる悪循環を自らつくってしまった。

 3巡目の五回は2死一、三塁から外角直球でレアードを見逃し三振に仕留めたものの、この回で降板。裏の攻撃で鈴木将平(すずきしょうへい)の犠飛などで逆転に成功し、幸運な形で2勝目を手にした。

 前回登板の楽天戦では四球から乱れて大量失点。起死回生を狙って中5日で登板したロッテ戦だったが、課題克服はならず。「最低限の仕事しかできなかった」と唇をかんだ。

 チームが今年の今井に求める内容はもっと高い。今回の笑顔なき白星を糧に、エース候補としての真価を証明する。