今季初登板で六回途中7失点と踏ん張れず、マウンド上で肩を落とす今井=メットライフドーム

 プロ野球が19日、ついに開幕した。24日のソフトバンク戦で初登板した今井達也(いまいたつや)は、大事な場面で悔やんでも悔やみきれない1球を放ってしまった。

 初回に4点を先制されたが打線の援護ですぐに逆転。四、五回は粘りの投球でスコアボードに0を刻み、勝利投手の権利を得た。五回は、初回に3ランを献上した上林誠知(うえばやしせいじ)に力勝負を挑んだ。果敢に攻めた内角高めの直球は、成長を感じさせる1球でもあった。

 だが、2点リードで迎えた六回1死一、二塁のピンチ。高めに浮いたカーブを今宮健太(いまみやけんた)に捉えられ、打球は瞬く間に無人のレフトスタンドへ消えた。紅白戦、練習試合で結果を残し、満を持して臨んだ宿敵との戦い。昨年のクライマックスシリーズで打ち込まれた相手に勝って勢いをつけたかったが、出はなをくじかれた。「あの場面はボール球でよかった。低く、低くという意識をもっと持たなくては」。失投を振り返った右腕は、自らに言い聞かせるように言葉を絞り出した。

 「気持ちの面など反省が残る。繰り返さないようにしないといけない」と自らを奮い立たせる今井。真のエースになるための通過点と捉えたい。