県内の犯罪情勢など(4月1日~5月6日)

 県警は30日までに、4月1日~5月6日に発生した交通事故は275件で前年同期より約40%減少したと発表した。住宅対象窃盗も約40%少ない32件で、県警は新型コロナウイルス感染症の拡大に伴う外出自粛の影響が一因と分析。一方、特殊詐欺は30件と25%増えており、在宅時間の増加に伴い増えた可能性があるという。

 県警によると、交通事故は発生件数が184件減の275件、死者数は5人減の3人、負傷者数は246人減の317人だった。いずれも過去10年で最少。朝夕の通勤、登下校時間帯で大幅に減少しており、臨時休校や在宅勤務が影響しているとされる。