画面を通し、ファンと交流する今井=ライオンズトレーニングセンター(西武ライオンズ提供)

 画面いっぱいにプロ野球開幕を待ちわびるファンの顔が並んだ。今井達也(いまいたつや)は4月28日、新型コロナウイルスの影響で外出自粛の生活を続ける「レオ党」たちとウェブ会議システムを使って約30分間交流した。

 ファンクラブ会員で応募した人の中から抽選で選ばれた約100人からの質問に答えた今井。「もし女性なら西武の選手で誰と結婚したいか」という質問に対しては「(内野手の)源田(げんだ)(壮亮(そうすけ))さん。ピンチでマウンドに声をかけに来てくれるので」と直球回答し、画面越しのファンを沸かせた。「終わってみればあっという間。楽しかった」と久しぶりの交流を満喫した。

 現在は自主練習期間のため、トレーニング施設が開放される日に黙々と練習をこなす日々。シーズン開幕の見通しが立たない中、テーマに掲げているのは「感覚を失わないこと」。ブルペンでは同期入団の田村伊知郎(たむらいちろう)投手を相手に直球のほか、カットボール、カーブ、スライダー、ツーシームなどの変化球を投げ込み、時には内野の守備位置についてノックを受けるなど、今できることに全力を注ぐ。

 全国の野球ファンに画面越しではなく、球場で直接ピッチングを見てもらえる日を迎えるため、今井は注意深く生活しながらいい感覚を保っていく。