▽1回戦
関  西030010501│10
文星付 000022034x│11
(関)中村、ダース-小原(文)藤本、佐藤-福田
▽本塁打 山本、熊代(関)▽三塁打 中村(関)▽二塁打 下田、川辺(関)渡辺、妻沼、小松、佐藤(文)

9回、サヨナラのホームを踏み、拳を突き上げる文星付の渡辺主将(手前右)=2006年8月8日

  「後にも先にもあんな試合はない」。文星付の元主将で現在はJX-ENEOSの中心選手としてプレーする渡辺貴美男(わたなべきみお)(29)は、最大5点差を覆した奇跡の逆転劇を笑顔で回想した。