ソフトバンクとの首位攻防戦で7回途中まで投げ2失点にまとめた今井=メットライフドーム

 大逆転優勝が現実味を帯びてきた。

 8月30日、首位ソフトバンクとゲーム差2で迎えた首位攻防戦。大事な天王山3連戦の初戦を任された右腕は余りある闘志が空回りしたのか、「変化球を投げるときに腕が緩んでしまった」と二回にソロ本塁打、三回に適時打を浴びて早くも2失点。ソフトバンクのエース千賀滉大(せんがこうだい)相手に痛い滑り出しとなった。

 それでも西武は2点を追う四回裏、一死一塁から外崎修汰(とのさきしゅうた)が特大の同点2ランを左翼席にたたき込んで試合を振り出しに戻した。

 この起死回生の一発で今井も息を吹き返した。五回は2死一、二塁のピンチで内川聖一(うちかわせいいち)を中飛、六回は得意のカーブで柳田悠岐(やなぎたゆうき)を空振り三振に仕留め、七回途中まで2失点にまとめた。

 森友哉(もりともや)の決勝弾で接戦を制した西武。今井は勝ち星こそつかなかったが、「最低限の仕事はできたと思う」と緊張の一戦を振り返った。

 昨季、マジック1で迎えた試合やクライマックスシリーズ第4戦で、いずれもソフトバンク相手に勝てなかった右腕。ここからさらに飛躍し、これから訪れるであろう大一番で借りを返す。