2019年9月14日のロッテ戦で先発し、6回1失点と好投した今井=メットライフドーム

 右腕の力投がマジックナンバー点灯を引き寄せた。

 首位ソフトバンクをゲーム差なしで追っていた14日のロッテ戦。大事な一戦を任された今井達也(いまいたつや)は制球に苦しみながらも、ここ一番の集中力で6回を1失点に抑えた。「ランナーは出したが、1点で抑えられてよかった」。森友哉(もりともや)の先制2ランの援護を無駄にすることなく、中継ぎに後を託した。

 九回に守護神増田達至(ますだたつし)の2失点で8勝目の権利は消えたものの、延長十回にメヒアのサヨナラ二塁打でチームは劇的勝利。今井は「もう少し長い回を投げられたらよかった」と振り返ったが、先発がゲームメークできたからこその結末。翌日もロッテにサヨナラ勝ちし、ついに優勝マジック9がともった。

 今季、ローテーションの一角として腕を振ってきた背番号11。思うような投球ができず、ベンチで悔しさを押し殺すこともあった。熾烈(しれつ)な優勝争いを左右する直近3試合ではチームに勝利をもたらし、成長を示した。

 今シーズンもクライマックス。これからマウンドに立つ全ての試合を極限の状況で迎えるだろう。だがそのしなやかな直球で、2年連続の優勝を射止めてみせる。