安倍晋三首相は24日夜、国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長と電話で会談し、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大を受け、7月24日に開幕予定だった東京五輪を1年程度延期することで一致した。

 五輪の延期は史上初。詳細な開催日程は今後の協議で決める。パラリンピックも延期となる。IOCは22日の臨時理事会で、五輪について延期を含めて検討することを決めた際、4週間以内に結論を出す方針を発表していた。

 巨大イベントの延期により、スポーツ界だけでなく政治や経済、社会生活など各方面に甚大な影響が及ぶのは避けられない。今後、競技会場や宿泊施設、ボランティアの確保など難しい調整が待ち受ける。

 感染が広がる中、バッハ会長は当初、予定通りの開催に理解を求めていたが、五輪出場権を争う国内外の大会が軒並み中止や延期に追い込まれ、選手や競技団体から延期を求める声が相次いでいた。

 電話会談には大会組織委員会の森喜朗会長、東京都の小池百合子知事、橋本聖子五輪相も同席した。

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長は24日、福島県で26日に始まる予定の国内聖火リレーの中止を発表した。

 【電子号外】五輪1年程度延期 首相とIOC会長が一致(3月24日)