Uターン促進へ県がLINEで配信を始める「Jimoto TOCHIGI」のメッセージ画面

 県総合政策部は10日から、無料通信アプリ「LINE(ライン)」で、東京圏に住む本県出身の若者向けに、Uターン促進を目的とした交流イベントや就職フェアなどの情報配信を始める。12日には県内各市町の成人式で、登録を呼び掛けるチラシを配布する。

 若者のUターン促進へ県が設立したコミュニティー「Jimoto TOCHIGI(ジモトトチギ)」事業の一環。

 若年層の東京圏への人口流出が課題となる中、これまではUターン促進イベントなどを企画しても、本県出身者に絞って情報を届けるのに苦労していた。そこで早い段階で若者にLINEで働き掛け、Uターンにつなげる狙いだ。

 アカウント登録者に対し、東京圏で開催する交流イベントや本県関係企業の就職フェア、移住ツアーなどの情報を毎月10日とイベント前に無料で配信する。

 本年度は22市町の成人式で、登録を呼び掛けるチラシ約1万6千枚を配布。今後は高校生らへの呼び掛けも検討する。県地域振興課は「本県を離れても地元を知り、つながる貴重な機会。ぜひ登録してほしい」と呼び掛けている。