こういう選手を「千両役者」と呼ぶのだろう。けがで6試合ぶりの復帰戦となった村田修一(むらたしゅういち)が、1点を追う九回に起死回生の同点二塁打。チームを敗戦のピンチから救い「みんなが頑張って点を返していく姿を見て、僕も貢献したいという気持ちだった」と充実感をのぞかせた。

 4番DHで先発し、土壇場で回ってきた1死二塁のチャンス。「一塁も空いていたので、際どいところで攻めてくる。早いカウントの甘いボールは積極的に打っていこうと思っていた」。初球のボール球を見逃すと、2球目の外よりの直球に反応。右方向へのライナー性の打球は鋭く伸び、前進していた右翼手の頭上を悠々と越えていった。

 久々の実戦と相手投手の警戒で、4打席目までは三振2つ、四球2つと力強い打撃は見せられなかった。九回は敬遠も考えられる場面だったが、さすがの集中力で一振りで仕留め、存在感を見せつけた。頼もしい主砲の復帰に辻武史(つじたけし)監督も「ベンチの中でずっとタイミングを合わせていた。こういう場面で力を発揮できるのはさすが」と最大級の賛辞を贈った。

 適時打の直後に代走を送られると、ベンチに戻る際にこの日一番の拍手が送られた。「小学生もたくさん来ている。『こういう選手になりたい』と思ってもらえるように頑張る」と村田。体調を考慮してしばらくはDHでの出場となりそうだが、これからも勝負強い打撃でファンに夢を与える。