アイスホッケーの第87回全日本選手権最終日は8日、東京都西東京市のダイドードリンコアイスアリーナで行われ、決勝でHC栃木日光アイスバックスが5-1で東北を下し、5年ぶり2度目の優勝を飾った。

 前回準優勝のバックスは第1ピリオド1分25秒にDF渡辺亮秀(わたなべあきひで)のゴールで先制。第2ピリオド序盤に同点に追い付かれたものの、第3ピリオド1分39秒にFW鈴木健斗(すずきけんと)のゴールで勝ち越しに成功した。

 第3ピリオドはさらにFW斎藤哲也(さいとうてつや)、FW彦坂優(ひこさかゆう)、FW古橋真来(ふるはしまくる)のゴールで一気に突き放した。守備陣もGK福藤豊(ふくふじゆたか)を中心とした堅守で1失点でしのぎ切った。

 


【電子号外】バックス日本一 5年ぶり、東北に5-1(12月9日)