来年1月の全日本高校女子選手権大会に向け練習に励む文星女高の選手たち=文星女高グラウンド

 県内女子高校サッカーの強豪・文星女が第28回全日本高校選手権大会(1月3~12日・兵庫)への8大会ぶりの出場を決めた。群馬県で17日まで開かれた関東予選の7位決定戦で、昨年敗れた鹿島学園(茨城)に雪辱してつかんだ夢舞台。選手たちは「チャレンジャーの気持ちで攻撃的なサッカーを貫きたい」と全国大会での“下克上”を狙っている。

 関東予選には1都7県の計16チームが出場。本県1位代表の文星女は1回戦で霞ケ浦(茨城2位)に5-0で快勝したが、準々決勝、5位決定予備戦と連敗。それでも最後の代表枠を懸けた7位決定戦で意地を見せた。