野球独立リーグ・ルートインBCリーグの年間王者を決めるリーグチャンピオンシップ(CS)は29日、小山運動公園野球場で第4戦を行い、東地区王者の栃木ゴールデンブレーブス(GB)が西地区覇者の信濃に4-1で勝利。通算成績を3勝1分けとし、リーグ参入3年目で初のリーグ王者に輝いた。

 栃木GBは三回、1死二塁から内山翔太(うちやま・しょうた)の適時二塁打で先制し、五回は野崎新矢(のざき・しんや)の犠飛、六回は原田元気(はらだ・げんき)の適時内野安打で追加点。八回はDH飯原誉士(いいはら・やすし)の中越えソロ本塁打で突き放した。

 第2戦に続いて先発した若松駿太(わかまつ・しゅんた)は緩急を駆使した丁寧な投球で8回を3安打1失点と好投。3点リードで迎えた九回は金本亨祐(かねもと・きょうすけ)が3者連続三振で締め、信濃の反撃を許さなかった。

 BCリーグ王者となった栃木GBは、独立リーグ王者を決めるグランドチャンピオンシップで四国アイランドリーグplus王者の徳島と対戦が決定。第1戦は10月5日、栃木GBのホームで行われる。

【電子号外】栃木GB初優勝 第4戦で信濃に快勝