荒川政利(あらかわまさとし)県教育長は3日の定例記者会見で、夏休み明け前後の10日間に無料通信アプリ「LINE(ライン)」を活用した高校生らの悩み相談事業に寄せられた相談は、161件だったと明らかにした。夏休みに入ってから、県内で生徒の自殺など重大事案の発生はなかったという。