ウケる栃木県を目指して-。県は7月、民間の魅力度ランキングで3年連続最下位の評価を受けた関西圏で、ブランドプロモーションに力を入れる。「めっちゃええやん! ベリーグッドローカルとちぎプラザ」と題し、本県地酒の立ち飲み酒場や宇都宮餃子(ぎょーざ)、特産品の販売、観光PRなどを企画している。

 PRのコンセプトは「ウケる、栃木県。」。4、5の両日、JR大阪駅梅田地下街で、本県出身の女将が出迎える立ち飲み酒場「ちょこっと寄り道してってや! 栃木夢酒場」を特設し、地酒の飲み比べや観光PRを行う。

 宇都宮餃子や菓子、地酒などを並べる「とちぎのうまいもん市」も開催。本県出身の漫才コンビ「U字工事」のトークライブも行う。9、10の両日は大阪市のなんばウォークでもイベントを企画し、ゆるキャラと観光PRや特産品の抽選会などを行う。

 今月15日からは1カ月間、大阪市内2カ所の街頭ビジョンで観光PR動画も放映中。県総合政策課は「関西では日光や那須、ギョーザは知られていても栃木県と結びついていない。イメージがつながる取り組みにしたい」としている。