U字工事が駆けつけたイベント=4日午後、大阪市

 「ウケる、栃木県。」を活動コンセプトに本県の魅力・実力を発信するイベント「めっちゃええやん!ベリーグッドローカルとちぎプラザ」が4日、大阪市のJR大阪駅近くの梅田地下街で始まり、物産販売や地酒の立ち飲みコーナーがにぎわった。5日まで。

 関西圏において本県は、民間調査の魅力度ランキングで3年連続最下位のため、県はプロモーションに力を入れている。物産販売では、2日分として用意した1箱30個入りが中心の冷凍の宇都宮餃子(ぎょーざ)80箱が、午後6時前に売り切れた。

 立ち飲みコーナーでは、仕事帰りの会社員らが本県オリジナル酒米「夢ささら」を使った受賞酒などを味わった。友人と来ていた同市、無職女性(37)は、つまみのしもつかれを初めて口にし「食べやすい。好きです」と話した。

 観光PRや、本県出身の漫才コンビ「U字工事」のミニトークライブも行われた。同市内でのPR活動は9、10の両日、なんばウォークでも行われる。