後半33分、栃木SCのFW平岡が勝ち越しゴールを決めて喜ぶ=NDソフトスタジアム山形

前半、栃木SCのDF温井(中央)がボールを奪いにかかる=NDソフトスタジアム山形

前半、栃木SCのDF坂田(右)が相手FWの突破を防ぐ=NDソフトスタジアム山形

後半33分、栃木SCのFW平岡が勝ち越しゴールを決めて喜ぶ=NDソフトスタジアム山形 前半、栃木SCのDF温井(中央)がボールを奪いにかかる=NDソフトスタジアム山形 前半、栃木SCのDF坂田(右)が相手FWの突破を防ぐ=NDソフトスタジアム山形

 サッカーの天皇杯全日本選手権(日本サッカー協会、Jリーグ主催、共同通信社、NHK共催)第3日は3日、J1、J2勢が登場して2回戦29試合が行われ、J2栃木SCは山形県天童市のNDスタジアム山形でJ2山形と対戦、2-1で勝った。8月14日の3回戦でJ1鹿島との対戦が決定したが、場所は未定。

 MF荒井秀賀(あらいしゅうが)が公式戦初出場するなど、先発の大半をリーグ戦から入れ替えて臨んだ栃木SC。前半2分に荒井のパスをゴール前で受けたMF榊翔太(さかきしょうた)が右隅へ流し込み先制点を奪ったが、39分に自陣ペナルティーエリア内でDF菅和範(かんかずのり)が相手選手を倒し、PKをで同点に追い付かれた。

 後半30分には相手FWにDFラインの裏へ抜け出され決定的な場面を作られたがシュートはポスト。33分にはMF福田健介(ふくだけんすけ)の右クロスから好機をつくり、最後はFW平岡翼(ひらおかたすく)が勝ち越しゴールを決めた。