ホッケーの日本リーグは29日、大阪府の立命館OICフィールドほかで男女のリーグ戦を行い、男子1部のリーベ栃木はALDER飯能を2-0で下し5勝目。勝ち点を18に伸ばし首位を守った。女子のグラクソ・スミスクライン(GSK)は南都銀行と1-1からのシュートアウト(SO)戦を2-0で制した。

 リーベ栃木は第3クオーター(Q)12分、ペナルティーコーナーからDF大橋雅貴(おおはしまさき)がフリックシュートを決めて先制。第4QにはFW佐藤有亮(さとうともあき)がスイープシュートを決めて突き放した。

 GSKは1点を追う第4Q11分、カウンターからFW山口稚奈(やまぐちわかな)が同点ゴール。SO戦はGK南有紗(みなみありさ)が相手を完封した。

 30日はリーベ栃木が午後0時50分から同会場で2位の岐阜朝日と対戦。GSKは同時刻に広島広域公園第2球技場で、コカ・コーラとレギュラーステージ最終戦を戦う。