6回、栃木GBの飯原が左中間に適時二塁打を放つ=小山運動公園野球場

 野球独立リーグ・ルートインBCリーグの栃木ゴールデンブレーブス(GB)は29日、小山運動公園野球場で群馬と対戦、延長十回の攻防の末に5-5で引き分けた。後期開幕からの連勝は4で止まったが、通算成績は4勝1分けで順位は東地区首位のまま。

 栃木GBは三回に青木玲磨(あおきれいま)の適時二塁打とルーカスの内野安打で2点先制。1点リードで迎えた六回は飯原誉士(いいはらやすし)が適時二塁打と敵失などで3点を追加した。

 先発の比嘉大智(ひがだいち)は七回まで1安打1失点に抑える好投を見せたが、八回無死一、二塁のピンチを招いたところで降板。2番手の秋山陸(あきやまりく)が無死満塁から同点の満塁本塁打を浴びた。延長十回は2死から連続四球と安打で満塁の好機をつくったが、野崎新矢(のざきしんや)が左飛に倒れた。 次戦は30日正午から、茨城県常総市の石下球場で茨城と対戦する。