準々決勝 作新vs足工

  (先攻) (後攻)
  足工 作新
5x
   
   
—————————

 【評】序盤、両先発投手の好投で投手戦となったが、五回以降は作新が地力の差を見せつけ、足工をコールドで下した。
 作新は先発・筒井が安定感のある投球を披露。直球と変化球を丁寧に投げ分け、相手打線を4安打1失点に抑えた。打線は五、七回の好機を確実に得点に結びつけた。中でも4番・篠原は4打点と勝負強さを示した。
 足工は山田−椎名の投手リレーで作新から勝機を見いだそうとした。山田は緩急、椎名は直球を軸に組み立てたが、制球が乱れたところを作新打線に狙われた。攻撃では六回、星野の三塁打を足掛かりに1点をかえしたが、後続が続かなかった。
 
第94回全国高等学校野球選手権栃木大会作新が優勝

試合日程・結果

メンバー表・学校別成績

【県北】
【県央】
【県南】