3回戦 宇工vs矢板

  (先攻) (後攻)
  矢板 宇工
×
—————————

 【評】宇工が危なげなく完封勝ちを収めた。
 宇工は盤石の投手リレーだった。先発・尾島はコースを丁寧に突く投球で7回を投げパーフェクト。2番手・中根、3番手・星も好投した。一方で攻撃では淡泊なバッティングが目立ち、物足りなさが残った。
 矢板は序盤に4点を失ったものの、先発の村上を中心に中盤の5イニングを無失点で抑える粘りをみせた。
 
第94回全国高等学校野球選手権栃木大会作新が優勝

試合日程・結果

メンバー表・学校別成績

【県北】
【県央】
【県南】