2回戦 高根沢vsさくら清修

  (先攻) (後攻)
  さくら清修 高根沢
   
   
   
   
—————————
10

 【評】さくら清修が猛打で高根沢を寄せ付けなかった。
 さくら清修は初回から6本の単打を集中させ、3得点。二回にも3連打で2点を追加した。相手の8四死球にも乗じて猛攻を続け、一方的な展開に持ち込んだ。
 高根沢はさくら清修の先発・伊藤の前に打線が沈黙。わずか2安打と、走者を出すのが精いっぱいだった。
 
第94回全国高等学校野球選手権栃木大会作新が優勝

試合日程・結果

メンバー表・学校別成績

【県北】
【県央】
【県南】