2回戦 宇都宮vs黒磯

  (先攻) (後攻)
  宇都宮 黒磯
   
   
—————————

 【評】好機での1本の積み重ねが点差に表れ、宇都宮がコールド勝ち。
 宇都宮は三回、三塁打で出た人見が畑山の左前適時打で生還し先制。五回には神山拓の2点三塁打が飛びだすなど、得点機を逃さなかった。
 最初に好機をつくったのは黒磯。初回、1死一、二塁とするが後が続かず。9安打とほぼ毎回走者を出したものの、本塁は遠いままだった。
 
第94回全国高等学校野球選手権栃木大会作新が優勝

試合日程・結果

メンバー表・学校別成績

【県北】
【県央】
【県南】