2回戦 栃木翔南vs真岡北陵

  (先攻) (後攻)
  栃木翔南 真岡北陵
—————————

 【評】互いに好機を生かし切れないまま進んだ接戦を制したのは、相手守備のわずかな隙を突いた栃木翔南だった。
 栃木翔南は五回1死一、二塁で、併殺崩れの間に2走・望月が生還。この1点を主戦・田村拓の完封で守り切った。
 真岡北陵は8安打を放ち毎回のように走者を出したが、あと一本が出ず。力投した大福地を援護できなかった。
 
第94回全国高等学校野球選手権栃木大会作新が優勝

試合日程・結果

メンバー表・学校別成績

【県北】
【県央】
【県南】