3回戦 宇北vs宇商

  (先攻) (後攻)
  宇商 宇北
   
   
—————————
 【評】相手のミスを見逃さず序盤に畳み掛けた宇商が宇北を退け、6年ぶりに8強へ進出した。
 宇商は二回に金敷の右前適時打で先制。三回には1死満塁から沼野が中前へ2点適時打を放つなど6得点、試合の流れを一気に引き寄せた。投げては主戦・君島と近藤が相手の反撃を2点に抑え、七回コールド勝ちを収めた。
 宇北は頼みの投手陣が不調。佐藤克が二回に3連続四死球と連打で大量失点。続く金子も追加点を許し、ロースコアの戦いに持ち込めなかった。
第93回全国高等学校野球選手権栃木大会作新優勝

試合日程・結果

メンバー表・学校別成績

【県北】
【県央】
【県南】