読み上げた卒業証書を佐藤さんの遺影の前に供える三森校長=2日午前、大田原市狭原

佐藤さんの遺影の前で卒業証書を読み上げる三森校長=2日午前、大田原市狭原

読み上げた卒業証書を佐藤さんの遺影の前に供える三森校長=2日午前、大田原市狭原 佐藤さんの遺影の前で卒業証書を読み上げる三森校長=2日午前、大田原市狭原

 大田原高の生徒と教師計8人が犠牲になった2017年3月の那須雪崩事故で、亡くなった大田原市狭原、佐藤宏祐(さとうこうすけ)さん=当時(16)=の自宅を2日、同校の三森謙次(みもりけんじ)校長が訪ね、卒業証書を届けた。「卒業おめでとうという気持ちと、悔しい気持ちが半々です」。父政充(まさみつ)さん(49)はこう語り、複雑な思いで証書を見つめた。

 三森校長は遺影と位牌(いはい)の前に座って証書を読み上げ、手渡すように供えて手を合わせた。政充さんと母美津子(みつこ)さん(45)、祖母チカ子(こ)さん(76)が見守った。