何度もユニホームでぬぐった目元には涙。がっちりと抱き合い、仲間と健闘をたたえ合った矢板中央イレブン。赤い大応援団からは惜しみのない拍手が送られた。

 「堅守速攻」を最後まで貫いた。左サイドハーフ江口隼人(えぐちはやと)が「自信のある対人プレスに持ち込んでボールを取る」と球際の強さを発揮。センターバック高島祐樹(たかしまゆうき)も体を張ってシュート断ち切った。

 攻撃陣もFW望月謙(もちづきけん)が「起点になって周りの選手を使い、隙があればシュートを打つ」と中央に攻め込んだ。後半からは素早いプレスでボールを奪い、MF板橋幸大(いたばしこうた)などが抜群の突破力でカウンター攻撃。終盤は最終ラインを3バックにして攻勢に出たものの、相手が一枚上手だった。

 夏まではパスサッカーや攻撃に重きを置いた。だが、負けを重ねるごとに守りの重要さを痛感。「守れない選手は試合に出られなかった」(稲見哲行主将)とスタメン争いも激化した。

 試行錯誤が続く中で、武器の堅守に磨きが掛かった。「自分より技術がある選手はたくさんいたが、その中でハードワークを生かしてチームのために守った」と江口。“仲間のために”という気持ちがより一層守りを堅くした。その結果の全国3位だった。

 新チームには先発5人のほか、途中出場で力を発揮した選手も多く残る。「後輩には力のある選手がいっぱいいる。自分たちの上を越えてほしいし、やればできるんだと自信をもってやってほしい」と稲見主将。受け継がれた堅守速攻という武器、そして熱い思いを胸に新章が始まる。