【電子号外】ブレックス決勝へ 第3戦で三河に逆転勝利

 プロバスケットボールBリーグ1部で東地区1位の栃木ブレックスは21日、ブレックスアリーナ宇都宮(宇都宮市体育館)で行われたプレーオフ「チャンピオンシップ(CS)」準決勝第2戦で西地区1位の三河に63—65で敗れたが、終了直後に行われた第3戦は14—12で勝利。激闘の末、通算2勝1敗で初代王者を決める決勝に進出した。

 第2戦は序盤から相手の攻撃を止められず、シュート成功率も低迷。第3クオーター終了時には38—57と苦境に立たされた。しかし、最終クオーターに驚異的な追い上げを見せ、三河の攻撃を無失点に抑える一方、熊谷尚也(くまがえなおや)や渡辺裕規(わたなべひろのり)の3点シュートなどで17連続得点。6分にトミー・ブレントンの得点で59—59と追いついたが、最後に力尽きた。

 前後半各5分の第3戦も追う展開となり、前半は6—8。後半は一時4点差にまで広げられたが、残り20秒で遠藤祐亮(えんどうゆうすけ)の速攻が決まり、12—12の同点に。さらに残り2秒、ライアン・ロシターがシュートを決めて逆転、熱戦に終止符を打った。

 1戦勝負となる決勝は27日午後3時10分から東京・代々木第一体育館で行う。相手は準決勝でA東京(東地区2位)を2勝1敗で破った川崎(中地区1位)。


【電子号外】ブレックス決勝へ(5月21日)

※閲覧にはAdobe Readerが必要です。