【電子号外】ブレックス、東地区初代王者に Bリーグ

 プロバスケットボールBリーグ1部(B1)東地区首位の栃木ブレックスは3日、東京都の代々木第二体育館で同地区2位のA東京に79−76で勝利。レギュラーシーズン2試合を残して通算成績45勝13敗とし、東地区優勝を決めた。既に中地区の川崎、西地区の三河が地区優勝を決めており、全3地区の優勝チームが確定した。

 地区優勝のマジックを1にしてから、前節東地区3位の千葉に2連敗したブレックス。序盤は古川孝敏(ふるかわたかとし)や須田侑太郎(すだゆうたろう)の得点で21−14とリード。第2クオーターで一時3点差に迫られたが、須田らが活躍し、45−37で折り返した。

 62−50で迎えた最終クオーターは相手の猛攻を受けて、残り2分で71−72と逆転された。終盤は一進一退の攻防が繰り広げられる中、ライアン・ロシターやトミー・ブレントン、渡辺裕規(わたなべひろのり)の得点で再逆転し競り勝った。

 ブレックスの優勝決定プレーオフ「チャンピオンシップ」初戦となる準々決勝は13、14の両日、ブレックスアリーナ宇都宮(宇都宮市体育館)で開催される。対戦相手は未定。


【電子号外】ブレックス地区優勝(5月3日)

※閲覧にはAdobe Readerが必要です。