【電子号外】 那須塩原A、王座奪還 栃木県郡市町対抗駅伝

【電子号外】 那須塩原A、王座奪還 栃木県郡市町対抗駅伝

 第58回県郡市町対抗駅伝競走大会「夢ふる とちぎ路駅伝」は29日、県庁−栃木市総合運動公園陸上競技場間を往復する10区間60・02キロで行われ、那須塩原Aが3時間4分18秒で2年ぶりに総合優勝を飾った。2位は往路で初優勝を飾った大田原A、3位は2連覇を狙った佐野Aだった。

 郷土の誇りを背負った30チーム、300人のランナーたちが冬晴れの栃木路を駆け抜けた。往路は1区・平山萌花(若松原中)がトップでたすきリレー、宇都宮Aが幸先のよいスタートを切った。

 しかし、そこから優勝候補の実力チームが猛追。大田原Aが3区・安藤健太(東海大)の区間賞の快走で首位に浮上すると、4区・松山和希(大田原中)、最終5区・桜岡駿(東洋大)がそのリードを守った。

 復路は6区で鹿沼Aの全国区ランナー、横手健(富士通)が独走で区間新記録を樹立。8区では那須塩原Aが吉川洋次(那須拓陽高)の好走で首位に浮上すると、総合順位もトップに。その後の選手たちもそつなく走りきり、復路優勝を果たした。

 また同日、栃木市総合運動公園で行われた第9回県小学生駅伝競走大会はよろしく真岡Rが4連覇を飾った。(順位、タイムは速報値)


第58回栃木県郡市町対抗駅伝競走大会 …チーム紹介、記録速報