【電子号外】 北朝鮮、5回目核実験か

 北朝鮮北東部で日本時間の9日午前9時半ごろ、地震が観測された。米地質調査所(USGS)によると、マグニチュード(M)5・3。菅義偉官房長官は記者会見で「過去の事例を踏まえ、核実験の可能性があると考える」と述べた。過去に核実験が行われてきた北東部咸鏡北道(ハムギョンプクト)豊渓里(プンゲリ)の実験場で5回目の核実験を実施した可能性が高い。日米韓など各国政府が確認を急いでいる。

 核実験であれば今年1月以来で、金正恩(キムジョンウン)体制下では3回目。9日は北朝鮮の建国記念日。「核保有国」であることを誇示、金正恩朝鮮労働党委員長の求心力を高めて体制維持を図る狙いとみられる。

 北朝鮮は核兵器をミサイルに搭載可能なまでに小型化したと主張しており、開発が一層進む恐れがある。米国をはじめ国際社会の反発は必至だ。ミサイル技術の進展とあわせ、日本にとってもより深刻な脅威となる。

   ◇     ◇

 安倍晋三首相は9日「北朝鮮が核実験を強行した可能性がある。強行したのであれば、断じて許容できない。強く抗議しなければならない」と述べた。首相官邸で記者団に答えた。

   ◇     ◇

 政府は9日、北朝鮮が核実験を行った可能性が非常に高いとして、北京の大使館ルートを通じて厳しく抗議した。政府高官が記者団に明らかにした。

   ◇     ◇

 安倍首相は、北朝鮮による核実験の可能性に関し「強行したのなら、国連でもどう対応していくかについて、連携を図っていかなければいけない」と述べた。

【電子号外】 北朝鮮、5回目核実験か (9月9日)


※閲覧にはAdobe Readerが必要です。