【電子号外】 絹学童(小山)が初優勝 栃木県学童軟式野球

 第47回県学童軟式野球大会(県野球連盟、下野新聞社主催)最終日は31日、県営球場で決勝を行った。共に初優勝を懸けた実力チーム同士の一戦は、絹学童(小山)が9−2で三島クラブ(那須塩原)を破り、出場144チームの頂点に立った。

 絹学童は初回、1死二、三塁から上野皐月(うえのさつき)中堅手が右前に2点適時二塁打を放ち先制。さらに2死二塁の好機に増山颯真(ましやまそうま)右翼手が左翼線へ2点本塁打を放ち、幸先よく4点を先行した。その後、五回に上野中堅手の適時三塁打などで3点を追加すると、試合を優位に進めた。投げてはエースの新橋稜央(しんばしりょう)投手が2失点と好投。守備も投手をもり立て、相手の反撃を2点に抑えた。

 三島クラブは先制された直後の初回、先頭の安孫子恵太(あびこけいた)三塁手がセンターへの三塁打で出塁したが、後続が倒れ得点できなかった。四回に1死三塁から君島陽太(きみじまひなた)一塁手の適時二塁打、六回は無死満塁から暴投でそれぞれ1点を返したが、反撃もここまで。登板した3投手が相手打線の長打を防ぎきれなかった。

 これまで優勝チームと準優勝チームが出場してきた関東大会「NPBカップ選抜大会」は、ことしは開催されないため熱戦はここで幕を閉じる。

【電子号外】絹学童が初優勝 (7月31日)


※閲覧にはAdobe Readerが必要です。