【電子号外】ヴェルフェ・ヴェールが初優勝

 第44回県少年サッカー選手権大会(県サッカー協会、下野新聞社、栃木放送主催)最終日は13日、宇都宮市の県グリーンスタジアムで準決勝と決勝を行い、ヴェルフェ・ヴェール(塩南)が初優勝を飾った。ヴェルフェは関東少年大会県予選、全日本少年大会県予選に続く優勝で、今季3冠に輝いた。

 決勝はヴェルフェとTEAMリフレSC(宇河)の顔合わせとなった。ヴェルフェは前半3分、FW黒崎皓嗣のゴールで先制すると、そのままリードを保って折り返した。

 後半に入っても、ヴェルフェの攻勢は続き同3分、再び黒崎のゴールが決まり2−0。さらにその6分後には、MF星景虎がだめ押しとなる3点目を決めた。

 3年ぶりに決勝に進んだリフレSCは、FW丹野友哉らを中心に相手ゴールに迫ったが、堅守に阻まれ、最後までゴールネットを揺らせなかった。

 また、4度目の優勝を狙ったJFCファイターズ(芳賀)は、準決勝でヴェルフェの前に敗退。栃木UVA・セレソン(下都賀)もリフレSCに敗れ、悲願の初優勝はならなかった。