【電子号外】白鴎足利 春1勝 投打に圧倒、着実加点 選抜高校野球

 第86回選抜高校野球大会第3日は23日、阪神甲子園球場で1回戦を行い、関東王者として出場した本県の白鴎足利は、東陵(宮城)と初陣対決。9−1で大勝し、センバツ初勝利を飾った。

 白鴎足利は打線がよくつながり、好機をことごとくものにする勝負強さをみせた。一回裏に一塁強襲安打の周東貴人を送った1死二塁から、大下誠一郎が三塁線を痛烈に破る適時二塁打を放ち先制。三回にも大下の右中間適時二塁打で1点を加えた。

 勝負を決めたのは四回。小川真希の中犠飛の後、大下、直井秀太、小野寺祐哉の3連続適時打で一気に4点を挙げた。その後も小刻みに加点し、15安打の猛攻で東陵投手陣を粉砕した。

 先発の比嘉新は、力のある直球を主体に粘り強い投球をみせ、相手打線を八回の1失点に抑え込んだ。バックも再三の好守でもり立て、東陵の反撃の芽を摘んだ。

 白鴎足利は大会第7日の27日、午前11時半開始予定の第2試合で沖縄尚学(沖縄)と2回戦を行う。

 白鴎足利・藤田慎二監督の話 選手は落ち着いて、自分たちの力を発揮してくれた。甲子園1勝は素直にうれしい。選手にありがとうと言いたい。うちは接戦を勝っていくチーム。大味にならないよう、もう一度引き締めていきたい。