【電子号外】市貝町長に入野氏再選 新人小川氏に1700票差

 任期満了に伴う市貝町長選と町議補選(欠員1)は10日投票が行われ、即日開票された。町長選は無所属で現職の入野正明氏(53)が無所属新人の小川寿夫氏(52)=自民推薦=を約1700票差で破り、再選を果たした。投票率は68・72%で前回(68・20%)を0・52ポイント上回った。

 入野氏は同日午後10時すぎ、同町市塙の事務所で支持者を前に勝利宣言。「入野選挙事務所と後援会、そして町民の勝利だ。また頑張れとの町民の負託にこたえ、(2期目も)命をかけてがんばる」と喜びを語った。

 入野氏は町議7人の支援を受けたほか、同級生や非自民支持層が中心となり草の根型の選挙戦を展開した。町内全域で街頭演説を重ね、東日本大震災からの復興など実績を強調。町政の継続を町民に呼び掛け票に結び付けた。

 小川氏は「新生いちかい」を唱え、教育環境の充実などを訴えた。自民国会議員や県議らの支援を受け、国や県との太いパイプを強調し選挙戦に臨んだが、現職の批判票を掘り起こすまでにはいたらなかった。

 支持者を前に小川氏は「多くの人に支援していただいたが、結果を出せずに申し訳ない」と深々と頭を下げた。

■町議補選は豊田氏当選  

 無所属新人2人が立候補した町議補選は、豊田功氏(66)が初当選した。投票率は68・70%だった。

 ◇市貝町議補選(欠員1)

 選管確定=10日午後9時59分

当3431 豊田 功 66 無新

 3025 小堀謙介 62 無新

(敬称略)