【電子号外】作新連覇 3季連続甲子園へ 高校野球栃木大会

 第94回全国高校野球選手権栃木大会最終日は29日、宇都宮市の県営球場で決勝を行い、作新が3−1の逆転で宇工を下し、2年連続8度目の甲子園出場を決めた。作新の甲子園出場は3季連続。

 作新は1点を追う六回、代打の羽石裕紀が右中間を破る2点適時三塁打を放ち逆転に成功。七回には吉田紘大の左中間適時三塁打で1点を追加した。投げては筒井茂、水沼和希の継投で逃げ切った。

 宇工は五回、篠原悠人の適時中前打で1点を先制。しかし以降は無安打に終わり、三回途中から登板したエース星知弥を援護できなかった。

 全国大会は8月5日に抽選会を行い、8日に甲子園球場で開幕する。