【メルボルン共同】女子テニスの大坂(おおさか)なおみ(21)=日清食品=が26日、メルボルンで行われた四大大会第1戦、全豪オープンのシングルス決勝でウィンブルドン選手権女王に2度輝いた28歳のペトラ・クビトバ(チェコ)を7-6、5-7、6-4で下して初優勝し、昨年の全米オープン初制覇に続く四大大会2連勝の快挙を達成した。大会後に男女シングルスを通じ、アジア勢初の世界ランキング1位となることも決まった。

 大坂は強打を武器に全米と同じハードコートで強さを見せ、優勝賞金410万豪ドル(約3億2千万円)を獲得した。四大大会2連勝は2014~15年に全米からウィンブルドンまで4連勝したセリーナ・ウィリアムズ(米国)以来。

 日本テニス協会によると、シングルスの世界ランクで日本勢の過去最高位は1933年に男子の佐藤次郎(さとう・じろう)が記録した3位。当時は1年間の成績をコンピューターで換算する現行制度と違い、識者が順位を付ける方式だった。ダブルスでは現行制度の2000年に女子の杉山愛(すぎやま・あい)が1位となった。


【電子号外】大坂、全豪制覇(1月26日)