【パリ共同】2025年国際博覧会(万博)の開催国を決める博覧会国際事務局(BIE)総会がパリで開かれ、23日午後(日本時間24日未明)、加盟国による無記名投票で大阪市を候補地とする日本が選ばれた。三つどもえの争いを制した。大規模万博の大阪開催は1970年以来で55年ぶり2回目。国内では05年の愛知以来20年ぶり。「いのち輝く未来社会のデザイン」をテーマに健康、医療に関する技術貢献を目指す。

 1回目の投票結果は日本85票、ロシア48票、アゼルバイジャン23票。3分の2以上を獲得した国がなく、決選投票で日本が92票を得て、61票のロシアを下した。

 松井一郎大阪府知事は会場内で記者会見し「ここからまたスタートだ。大阪、関西の状況を好転させることが、日本への貢献につながる」と、成功を目指した取り組みへの決意を示した。世耕弘成経済産業相は「20年東京五輪・パラリンピックの後、大きな目標が日本にできた」と喜んだ。

 投票に先立ち、立候補3カ国は最終プレゼンテーションを実施。日本は世耕氏が登壇し「大阪の万博は、世界をつなげるための最高の実験場になる」とスピーチした。

 カナダ・トロント出身の落語家、桂三輝(かつら・さんしゃいん)さん(48)が英語で関西の魅力を語る映像や、ゲームキャラクター「ピカチュウ」が大阪湾に浮かぶ人工島・夢洲(ゆめしま)に整備される会場を案内する動画、安倍晋三首相が「大阪、関西はみなさんをもてなす準備ができている」と話すメッセージも放映された。

 日本の万博は夢洲内の155ヘクタールを会場に、25年5月3日~11月3日の185日間開催する計画。人工知能(AI)や拡張現実(AR)などの先端技術を駆使した展示が検討されている。2800万人の来場を想定、2兆円の経済波及効果を見込む。25年万博には当初フランスも立候補していたが、辞退した。


【電子号外】【電子号外】大阪万博が決定(11月24日)