後半5分、栃木SCのFW西谷優(左)がペナルティーエリア内で倒されPKを獲得=フクダ電子アリーナ

 明治安田生命J2は17日、各地で最終第42節の11試合を行い、栃木SCは千葉市のフクダ電子アリーナで千葉と対戦、0-0で引き分けた。今季最終成績は13勝11分け18敗の勝ち点50でJ2復帰初年度を17位で終えた。1位松本と2位大分のJ1自動昇格が決定。昇格の残り1枠を懸けたプレーオフ(6位以内)には横浜C、大宮、東京Vが進出。4位の町田がJ1ライセンスがないため出場できない。

 栃木SCは左アキレス腱(けん)断裂で開幕から欠場が続いていたMF寺田紳一(てらだしんいち)が今季初先発した。