【問3】地方議会議員のなり手不足や高齢化が課題となっています。解決のためにどのような取り組みが必要か。


選択肢:①議員報酬の引き上げ ②議員定数を増やす ③議員定数を減らす ④選挙に立候補しやすい制度・環境の整備 ⑤政治参加を促す教育・啓発活動 ⑥課題はない ⑦その他

(50音順)
※回答は選択肢から
氏名
選択肢 理由
荒川洋子
政治参加を促す教育・啓発活動  
飯塚正
選挙に立候補しやすい制度・環境の整備  
池上正美
議員報酬の引き上げ 魅力等がなければ現実的に難しい。生活(年金含む)が安定しなければ、議員のなり手はいない
大滝和弘
政治参加を促す教育・啓発活動  
大貫聖子
選挙に立候補しやすい制度・環境の整備  
金田伴代
選挙に立候補しやすい制度・環境の整備  
久保田武
議員報酬の引き上げ  
櫛毛隆行
議員報酬の引き上げ ただし、昨年施行された議会基本条例に基づいて議会の活性化が図られ、市民の方の理解を得られるようになってから
柴恵
政治参加を促す教育・啓発活動  
鶴見和弘
選挙に立候補しやすい制度・環境の整備  
中村和彦
政治参加を促す教育・啓発活動 教育・啓発という言葉が適切か分からないが、昨年行われた「議員報告会・意見交換会」など議会活動の「見える化」を一層進めることが最も重要。前回、比較的多くの新人候補が出馬したことから考えると、報酬や定数の問題とは思えない
七海朱美
政治参加を促す教育・啓発活動 政治は生活である。日本は学校教育の中で政治教育が不足している。意図的に知らせず一部の人間による政治にしている気がする
野沢達
議員報酬の引き上げ  
服部正一郎
選挙に立候補しやすい制度・環境の整備 若者が安心して立候補しやすい制度改革が必要
春山則子
議員報酬の引き上げ (欄外記入)若い方々が報酬が少ないため、とくに男性は妻子を養うことができない
日下田喜義
選挙に立候補しやすい制度・環境の整備 選挙運動に人員や費用がかからない選挙方法が必要
藤田勝美
議員報酬の引き上げ  
星野守
選挙に立候補しやすい制度・環境の整備  
麦倉竹明
選挙に立候補しやすい制度・環境の整備  
柳田尚宏
議員報酬の引き上げ ただ引き上げるだけでなく、定数を減らすべきだと思う
渡辺隆
選挙に立候補しやすい制度・環境の整備