「今が旬」のナスを使った料理を紹介します。ナスの皮の色や食感、香りが苦手という人にお勧めです。夏バテ解消・体力増強にも効果的です。

●材料●(4人分)

ナス(薄切り)200グラム、玉ネギ(みじん切り)200グラム、ニンニク(すりおろし)小さじ1/6、油大さじ1、水100cc、コンソメ1個、牛乳300cc、バター10グラム、ローリエ1枚、塩・コショウ少々、生クリーム・パセリ適量

 ■作り方

(1)フライパンに油を熱し、ナス・玉ネギ・ニンニクを炒め、水を加えて全体に火が通るまで中火で炒める。

(2)(1)の熱を冷ましてから、牛乳100ccとあわせてミキサーにかける。

(3)(2)を鍋に移し、残りの牛乳・バター・コンソメ・ローリエを加え、中火で加熱。塩・コショウで味を整える。※とろみが濃い場合、牛乳の量を増やす。

(4)冷蔵庫で冷やし、好みで生クリーム・パセリをかける。

 調理時間 約30分

 132キロカロリー 塩分1・1グラム

 ▼全農とちぎ・鈴木真弓さん(栄養士)のワンポイントアドバイス

 ナスの皮には、コレステロール値を下げ、動脈硬化の予防、抗がん作用、疲れ目などに良いというナスニン(ポリフェノールの一種)という色素が含まれています。ナスニンは水に溶ける性質があり、皮ごと煮物や味噌汁などに入れることで効率よく摂取できます。アク抜き(水さらし)をする時は短時間にすることをお勧めします。