栃木県産「とちおとめ」をミルク味の柔らかなベールで包みました。

 イチゴに豊富に含まれるビタミンCには美肌効果・発がん性物質の生成を抑える効果が期待できます。また、粘膜を守り風邪を防ぐ効果や抗ストレス作用が期待できますので、受験生には大いに食べてもらいたい食材ですね。



 ●材料(8個分)●

イチゴ 中8粒

【求肥(ぎゅうひ)】

白玉粉140グラム、水200cc、砂糖40グラム、コンデンスミルク大さじ4、片栗粉適量

【ジャム】

マシュマロ10個、ブルーベリージャム大さじ2

 ■作り方

(1) イチゴを洗い、ヘタを取り水気をふき取る。(粒が大きい時は半分に)

(2) 耐熱ボウルに白玉粉を入れ、水を少しずつ加え混ぜる。ダマがなくなったらコンデンスミルク、砂糖を加えてさらに混ぜ、ラップをしてレンジで4分加熱する(レンジ600W)。

(3) ラップを外しかき混ぜ、再度ラップをして約2分加熱。透明感と粘りが出てきたら求肥のできあがり。

(4) 片栗粉を広げたバットなどに(3)の求肥をあけて、全体に片栗粉をまぶし8等分にする。

(5) マシュマロは器に入れ、レンジで20秒加熱して柔らかくし、ブルーベリージャムをざっくり混ぜる。

(6) 求肥が手に取れる熱さになったら丸く広げて(5)のジャムを小さじ1ずつのせ、その上に(1)のイチゴをのせて包む。

(7) 包み口を下にして片栗粉をつけて皿に盛る。

133キロカロリー(1個)、調理時間30分

 ▼JA全農とちぎ鈴木真弓さん(栄養士) 調理のポイント

・求肥が温かいうちにイチゴを包みましょう。冷めると包めなくなります。