冷えたビールがこたえられない季節の到来です。夏の扉を開いたのは、さわやかな風にそよぐ黄金色の大麦畑。本県は、ビールの原料となる二条大麦の収穫量で全国トップクラスを誇ります。農林水産統計によると、2009年産から11年産まで3年連続でライバルの佐賀県を抑えて全国第1位、12年産は佐賀県に次ぐ全国第2位でした。

 県内の二条大麦生産は岩舟町で始まったとされ、その後、県内各地に拡大。ビールメーカーとの契約に基づく生産は1906年から続けられています。

 ▽気候条件育成に合致

 さらに本県は二条大麦に、うどんなどの原料となる小麦、麦茶や麦ごはんに使われる六条大麦を加えた麦全体の作付面積、収穫量でも全国第4位(12年産)。麦は乾燥したところで育つ作物とされており、本県の場合、冬にあまり雪が降らず、晴れの日が多いなどの条件が麦の育成に適しているといいます。

 「『二条大麦』と聞いてビール麦のことだと分かる人は少ないですよ」

 二条大麦の生産で35年のキャリアを持つJAおやまの橋本(はしもと)幸(ゆき)男(お)さん(55)=下野市中大領=は、そう言って柔和な笑みを浮かべました。

 橋本さんは2010年、近所の農家4戸と共に農地の集積や農業経営の効率化などを目的に「農事組合法人石橋南部生産組合」を発足させ、現在は代表理事(組合長)を務めています。二条大麦の品種は耐病性が高いスカイゴールデンで、作付面積は17ヘクタールです。

 ▽新品種登場が話題に

 収穫期は例年6月上旬から約1週間。ただ、13年産は種まき時期の昨年11月から今年1月まで厳しい寒さが続き、適度に必要な雨も不足気味だったため、収量を確保するのに随分苦労したと言います。トラクターの後ろにローラーを付けて麦の芽を踏みつける「麦踏み」を例年以上に多く行い、霜柱を防いで根張りをよくするよう努めたそうです。刈り取られた麦はライスセンターでの乾燥調整を経てビールメーカーに出荷されます。

 橋本さんは「見た目で穂がにぎやかなのが、いいビール麦。今年の収量はまずまずかな」と話し、ホッとした表情になりました。

 県産二条大麦をめぐっては、昨年11月に利用拡大を目的とした「栃木の大麦食品を広める会」が発足。今年3月には県農業試験場が開発した新品種「アスカゴールデン」が品種登録されるなど、生産者にとって明るい話題が続きました。

 「夏と言えば、やはり冷たいビール。のどにスーッと流れていく感じがいいですよね」。最後に橋本さんが、消費者の立場でビール党の思いを代弁してくれました。

◇◆◇ 雑学辞典 ◇◆◇

  • 小麦と大麦の違い 同じイネ科コムギ属だが、作物分類上は全く別。大麦にはグルテンが含まれておらず、小麦は大麦ほど吸水率が良くない。パンには小麦、麦ご飯用は大麦が向いている。また大麦の中で穂が2列になるものが「二条」。「六条」は穂が6列で上から見ると6角形になる。

  • ビールの起源 紀元前3500年~3000年頃(メソポタミア文明の時代)が発祥というのが定説。一説には紀元前7000年ごろから作られていたのではないかともいわれている。

  • ビールの定義 日本ではビールの定義は酒税法で「麦芽、ホップ、水及び米その他の政令で定める物品を原料として発酵させたもの」とされ、原料全体に占める麦芽使用率が3分の2以上と定められている。


 コラムオアシス/農村の景観保護/税創設など所得補償策を

 TPPが日本にもたらす利益はどれほどか、具体的な議論はほとんどないまま、なし崩し的に参加に向けて交渉が進展している。政府自民党は政権公約を順守して国民に情報を開示し、詭(き)弁(べん)を弄(ろう)することなく交渉参加への利益・不利益をわかりやすく丁寧に説明すべきである。特に、農村の美しい景観と日本農業の4割を占める中山間地の農業をどのようにして守るのか、この視点から農政を論じて欲しい。

 日本農業が、外国の大規模化した農業との競争に勝ち抜き、生き残ることができるのか、そして我が国で大規模化が本当に可能なのか。可能な地域であれば進めていくことは必要だと思うが、これで解決するなら、今までに外国との競争に打ち勝つ大規模化日本農業ができていたはずである。

 例えば、北海道のあの美しい小麦畑の風景を守るため、景観税の創設などにより農業の所得補償を講ずる方策はないだろうか。

 日本の農業・農村を支えているのは国土保全機能であり、それを支えているのは地域コミュニティーであることを忘れてはならない。

 いずれにしても、日本は都会と地方、経済界と農業界を対(たい)峙(じ)させることが多いが、食料自給率100%を誇るヨーロッパのように、農業に対する所得補償は当たり前の国民合意と食料対策が必要であると考える。

(JAなすの 代表理事専務 屋代重夫)


 [写真説明]「穂がにぎやかなのがいいビール麦」と語る橋本さん
 [写真説明]橋本さんの二条大麦畑