豚肉には疲労回復やストレスの緩和に効果があるビタミンB1が豊富に含まれています。その吸収をアップさせるベストパートナーが硫化アリルを多く含むねぎです。風邪予防にも期待ができる一品ですので、これからの季節にお薦めです。

●材料●(2人分)
豚ロース切身(7ミリほどの厚さ)2枚
長ねぎ(粗みじん切り)1本
塩・粗びき黒こしょう各少々
小麦粉大さじ1
Aしょうが(すりおろす)小さじ1
Aしょうゆ大さじ2
A砂糖大さじ1
A酒大さじ2
A酢大さじ1/2
A水大さじ1
油大さじ1

■作り方

(1)豚肉は赤身と脂身の間を3~5か所を筋切りし(※写真1)、めん棒などで軽くたたく(※写真2)。

(2)塩・粗びき黒こしょうで下味を付け、小麦粉を両面に薄く付ける。

(3)フライパンに油を熱し、(2)の肉を弱火でふたをして両面をじっくり焼く。中まで火が通ったら皿に盛り付ける。

(4)(3)のフライパンを中火にし、長ねぎを入れてサッと炒め、Aを加えたら沸騰するまで加熱し、ねぎソースを作る。

(5)(3)の豚肉に(4)のねぎソースをかける。


1人分 425キロカロリー 塩分 2.7グラム 
調理時間 30分以内


▽鈴木さんのワンポイントアドバイス

・豚肉は冷蔵庫から出してすぐに焼くと、肉汁と一緒にうま味が出てしまうことがあります。焼く15~30分前(季節によって異なる)に冷蔵庫から取り出し室温に戻しましょう。
・豚肉は弱火でじっくり焼くことで肉質がしっとり、柔らかくなります。